妊娠中に飲む葉酸サプリメント

必携!サプリメント辞典-効果と副作用がわかる

妊娠中に飲む葉酸サプリメント

.

葉酸の働きとは

妊娠中

妊娠されている方や、これから妊娠を計画している方は、葉酸を積極的に摂るように医師から指示された事があるのではないかと思います。葉酸というのは水溶性のビタミンB群の一種であり、ほうれん草から発見された栄養素です。 葉酸のはたらきは遺伝物質を構成する核酸の合成や赤血球の合成、アミノ酸の合成、たんぱく質の生成及び促進、皮膚や口内粘膜の強化など、人体の健康にとって多くの、そして重要な役割を担っています。 妊娠中の女性に葉酸が必要なのは、主に胎児への影響を考慮しての事です。不足すれば胎児にとってはハイリスクの症状を患う可能性があり、厚生労働省でも妊娠中の女性に対し、サプリメントを含む葉酸の摂取を推奨しているほど大切な栄養素なのです。


ページのトップへ ▲

妊娠中の胎児に対する葉酸の必要性

おなかの中の赤ちゃん

妊娠中の女性のお腹の中には赤ちゃんがおり、しかも毎日、目ざましく成長を続けています。その成長は母親の体内にある栄養素を使って行なわれているのですから、通常の状態よりも多く、2人分もしくはそれ以上の栄養素を蓄えている必要があるのです。 特に葉酸は人間を形づくる遺伝子・DNAの元となる核酸やたんぱく質の合成には欠かせません。妊娠初期の胎児は特に細胞分裂が激しく、多くの葉酸を必要としています。ここで葉酸が不足すると、生まれてくる赤ちゃんが神経管閉鎖障害という先天異常を起こすリスクが高まり、下半身の運動機能障害や最悪のケースでは死産・流産という結果にもつながります。そうした事を防ぐため、葉酸の摂取は欠かせないのですが、妊娠を予定している方は妊娠してから葉酸を摂るよりも、できるだけ妊娠前から摂取する事が必要です。 妊娠に気付いてから摂取したのでは、妊娠してから12週目までを目安とする妊娠初期の摂取が間に合わないからです。 葉酸は水溶性なので、例え摂りすぎても過剰分は尿となり排出されるため、過敏になる事はありませんが、厚生労働省では1日に0.4mgの摂取が適量であると示しています。これは成人の約2倍の量に相当します。


ページのトップへ ▲

葉酸を含むサプリメント

サプリメント

葉酸はほうれん草・ブロッコリー・モロヘイヤなどの緑野菜や、枝豆や大豆などの豆類、海苔などの海藻類に多く含まれています。とはいえ、毎日の食生活の中で最低でも0.4mgの葉酸を食物で摂る事は、あまり簡単な事とは言えません。 日本よりもサプリメントに敏感な欧米では、早くから妊娠中の女性に向けた葉酸入りサプリメントが数多く出回っており、手軽で飲みやすい事から人気を集めています。サプリメントは摂取量がわかりやすく、小さくて飲みやすい事も指示されている理由と言えます。日本でも現在は多くのサプリメントが発売されていますが、効率の良いサプリメントを摂りたいなら、葉酸はビタミンB12と併せたはたらきが多いので、ビタミンB12が一緒に含まれているサプリメントを摂る事もお勧めです。葉酸入りのサプリメントには、他にカルシウムや乳酸菌、食物繊維、鉄分など、妊娠中の女性に必要な他の栄養素も含まれているサプリメントもあります。自分の体調に合わせて、好みの葉酸サプリメントを選んで飲み続けましょう。


ページのトップへ ▲

バイタルケアーズ

| ホーム | サプリメントの副作用とアレルギー | 安心!100%天然のサプリメント | ダイエットサプリメントの効果 | 痩せる!効くダイエットサプリメント | 脂肪燃焼系サプリメントの効果 | デトックス効果のあるサプリメント | コンバッションサプリメントでダイエット | バストアップ・豊胸に効くサプリメント | 亜鉛サプリメントの効果と副作用 | アンチエイジング効果のあるサプリメント | 「必須」アミノ酸のサプリメント効果 | 消化酵素のサプリメント効果 | 女性ホルモン増進サプリメント | 美肌に良いコラーゲンサプリメント | 身長を伸ばすサプリメントの効果 | 育毛に効くサプリメント-効果と副作用 | ペット用漢方・サプリメント | 犬用サプリメント-がん・関節改善 | ペニス増大サプリメントの効果 | 妊娠中に飲む葉酸サプリメント |

Copyright (C) 必携!サプリメント辞典-効果と副作用がわかる All Rights Reserved.